荒川区 引越し業者

荒川区 引越し業者

荒川区 引越し業者

荒川区 引越し業者

荒川区 引越し業者

荒川区 引越し業者

 

東京都の引越し業者を検索すると1500件以上、荒川区だけでも25件ほどヒットします。

 

こんな沢山ある引越し業者の中から、1社だけを選ぶのはなかなか大変です。

 

しかし、引越しにはお金がかかるのでできるだけ安く荷物を運んで欲しいと思いませんか?

 

荒川区 引越し業者

 

引越し費用を安くするには、複数の引越し業者から見積もりを取って比較しなくてはわかりません。

 

そこでオススメなのが、1回情報を入力しただけで最大10社からまとめて見積もりを取ることができる一括見積もりサイトです!

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

大手から地元の引越し業者まで200社以上が参加しています。

 

相場はもちろん最安値の引越し業者も簡単に探すことができます。

 

24時間いつでも好きな時間に見積もりが依頼できるので、忙しい方にもピッタリです。

 

見積もりが届いたら、サービス内容や価格をしっかり比べて1番良いと思う引越し業者を選んでくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越しの繁忙期をご存知ですか?
引越し業者が1年で最も忙しいのは3月です。

 

4月の新学期を前に引越しをする新大学生や新社会人がたくさんいるからなのです。
大学の近くに一人暮らししたり、寮に入ったりする若い人が多いため、どうしても3月は繁忙期になるのです。

 

ほかにも人事異動のサラリーマンファミリーも3月に移動することが多いため、引越し業者は3月は大忙しです。
アルバイトスタッフを増やしたりして備えますが、それでも手が足りない日が出てきます。

 

繁忙期は通常期よりも費用が高めに設定されています。

 

日によっては引越し業者に依頼を断られるなんてこともあり得るのです。
そんな繁忙期でもできるだけ安く引越ししたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取ることです。

 

さらに新居の住所が決まったらすぐに見積もりを取りましょう。
条件が良くて安い業者ほど予約が埋まります。
見積もりだけに満足せず、かならず契約も交わして引越しに備えてくださいね。

 

 

引越しのだいたいの手順を確認

 

引越しの手順

 

引越しにはいろいろとすることがありますのでスムーズに作業を進めるために、だいたいの手順を一度ぜひご確認くださいね。
引越し当日まで焦らずに過ごせるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

それにしてもいっぱいすることがありますね。
一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に一括見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
新居の情報も費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
当日になって追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。
あげる・売る・捨てるなどどの処分方法も時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出します。
もし提出を忘れると後でいろいろと面倒なので、必ず出してくださいね。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
ついでに国民年金と国民健康保険のことも役所で聞いておきましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しする日までは使えるようにしてもらって、翌日から止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してください。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めたメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険などの住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行ってくださいね。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

 

家財 運送 安い