荒川区 引越し業者

荒川区 引越し 相場

荒川区 引越し 見積もり

荒川区 引越し 比較

荒川区 引越し 格安

荒川区 引越し 安い

 

東京都の引越し業者を検索すると1200件以上、荒川区だけでも約20件ほどヒットします。

 

こんな沢山ある引越し業者の中から、1社だけを選ぶのはなかなか大変です。

 

しかし、引越しにはお金がかかるのでできるだけ安く荷物を運んで欲しいと思いませんか?

 

荒川区 引っ越し業者

 

引越し費用を安くするには、複数の引越し業者から見積もりを取って比較しなくてはわかりません。

 

そこでオススメなのが、1回情報を入力しただけで最大10社からまとめて見積もりを取ることができる一括見積もりサイトです!

 

荒川区引越し

 

大手から地元の引越し業者まで200社以上が参加しています。

 

相場はもちろん最安値の引越し業者も簡単に探すことができます。

 

24時間いつでも好きな時間に見積もりが依頼できるので、忙しい方にもピッタリです。

 

見積もりが届いたら、サービス内容や価格をしっかり比べて1番良いと思う引越し業者を選んでくださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越しの繁忙期をご存知ですか?
引越し業者が1年で最も忙しいのは3月です。

 

4月の新学期を前に引越しをする新大学生や新社会人がたくさんいるからなのです。
大学の近くに一人暮らししたり、寮に入ったりする若い人が多いため、どうしても3月は繁忙期になるのです。

 

ほかにも人事異動のサラリーマンファミリーも3月に移動することが多いため、引越し業者は3月は大忙しです。
アルバイトスタッフを増やしたりして備えますが、それでも手が足りない日が出てきます。

 

繁忙期は通常期よりも費用が高めに設定されています。

 

日によっては引越し業者に依頼を断られるなんてこともあり得るのです。
そんな繁忙期でもできるだけ安く引越ししたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取ることです。

 

さらに新居の住所が決まったらすぐに見積もりを取りましょう。
条件が良くて安い業者ほど予約が埋まります。
見積もりだけに満足せず、かならず契約も交わして引越しに備えてくださいね。

 

 

引越しのだいたいの手順を確認

 

引越しの手順

 

引越しにはいろいろとすることがありますのでスムーズに作業を進めるために、だいたいの手順を一度ぜひご確認くださいね。
引越し当日まで焦らずに過ごせるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

それにしてもいっぱいすることがありますね。
一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に一括見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
新居の情報も費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
当日になって追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。
あげる・売る・捨てるなどどの処分方法も時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出します。
もし提出を忘れると後でいろいろと面倒なので、必ず出してくださいね。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
ついでに国民年金と国民健康保険のことも役所で聞いておきましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しする日までは使えるようにしてもらって、翌日から止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してください。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めたメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険などの住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行ってくださいね。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越しのあいさつの時期

 

引越し挨拶時期

 

引越しをしたらまず、ご近所の方に挨拶にしましょう。
一軒家なら特に長く住む可能性が高いので、ご近所付き合いは絶対に欠かせません。
第一印象は大切ですから、必ず行きましょう。

 

マンションやアパートも周囲にどんな人が住んでいるのか知っておいたほうが安心ですし、生活音はお互い気になりますで挨拶はしましょう。
ではどのタイミングで挨拶に行けばいいのでしょう?

 

挨拶は引越し当日か遅くても翌日に行くのが一般的なのだそうです。
案外早くて驚きませんか?

 

なぜなら後にすればするほど挨拶に行く前に廊下や階段、エレベーター、ゴミ集積場などでバッタリ住民に会ってしまう可能性が高いからです。
ちゃんとした挨拶に行く前に軽い挨拶を交わすと、逆に今さら感が出て行きにくくなってしまうので、挨拶は早めが良いのです。

 

ではどこのお家まで行けばいいのでしょう?
一軒家なら向こう3軒両隣の計5軒に、マンションやアパートなら自室の上下左右の部屋にあいさつに行きましょう。
他にも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどが近くにお住いの場合は、やはり一言ご挨拶しておくといいですね。

 

では手土産はどうでしょう?
手ぶらで行く方もいますが、500円程度のお菓子やお茶、コーヒー、タオル、洗剤などの消耗品を持って行くのがオススメです。
熨斗に「御挨拶」と「名前」を書いてお渡しすると、名前も憶えてもらうことができるのでいいですよ。

 

 

物件を契約するときにかかる費用

 

荒川区引越し

 

引っ越しはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
物件の契約をするときにかかる費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けます。
修繕につかわなかった分は返金され、足りなかった分は追加で徴収されたりします。
始めからあった大きなキズやへこみ、汚れは家具を搬入する前に写真に撮って証拠を残しておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。
しかし最近は入居者が入りやすいようにと礼金ゼロの物件も増えています。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に決まった額はないので、会社によって金額が異なります。
仲介手数料が無料の管理会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
貯金がなければ簡単に引越しできないということですね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
一昔前は家賃の滞納リスクに備えて契約書に連帯保証人として親や兄弟の名前を記載するのが一般的でした。
しかし最近は家庭環境が複雑だったり、兄弟がいないなど連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・もし火元が自分でない火事で「もらい火」をしても、火元の住民に賠償を求めることはできません。
火事はお互い様なので、たとえもらい火でも自己責任となりますから自分のために火災保険には加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯面のことを考えても入居時に鍵は交換したほうが安心です。

 

 

引越しのオプション

 

荒川区 引越し

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプション費用が加わったものです。
引越し費用のオプションとは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で多いのはエアコンの移設なのだそうです。
賃貸物件にはエアコンが付いていないところもまだまだ多いので、自分で購入して取り付けることがあります。
自分で購入したものですから、新居にも持って行きたいと当然思いますよね。

 

しかしエアコンは配管が複雑なので、電気事業者でないと取り外しができません。
電器屋さんに依頼することになりますが、自分で直接依頼すると引越し前と後に1回ずつ手配しなければなりませんね。

 

引越し業者であればその必要がありません。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

荷物の一時預かりは、リフォームや建替えで一時的に引越しをする方々が多いです。
仮住まいにすべての荷物を入れるためには大きな物件を借りなければなりませんので、不経済です。

 

引越し業者のオプションはお客さんの「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

 

 

家財 運送 安い